日本青年会議所 建設部会 2020年度 副部会長所信

会員支援担当
副部会長
須藤 俊基

歴史ある建設部会の「絆」を未来へつないでいくため、会員企業の繁栄につなげるために、会員拡大及び会員拡充は必要不可欠であり、最優先事項であると考えます。

なぜ会員拡大をするのか。どんなに素晴らしい事業・定例会を企画立案することができても、それを行うマンパワーがなければ自己成長につながらなく、次代を担う建設部会メンバーに機会を与えることもできません。青年会議所しかない時代から青年会議所もある時代へと変化しました。これは各地青年会議所が抱えている共通問題でもあります。

まずはこの問題を部会員全員が認識することが重要であり、そして部会員全員で会員拡大に取り組むことが必要です。また入会した新入部会員には、率先して建設部会が行う事業・定例会に参加して頂ける環境作りに挑戦します。魅力ある人は魅力ある団体にのみ参画します。

会員拡充は一人ひとりの意識変革から。数ある業種別部会のなかでも最大部会員数を誇る建設部会において、共に活動する機会がせっかくあるのだから、建設部会を部会員全員で更に魅力ある団体にする必要があると考えます。

まずは各地ブロック建設クラブ・個人部会員が現在直面している活動問題を把握します。そしてその問題に対し、より良い活動環境を構築するための情報共有をし、さらに問題解決に向けて各地ブロック建設クラブ・個人部会員と率先して共に行動していくことで、各地ブロック建設クラブ事業・定例会の動員数に反映してまいります。

情報社会だからこそ SNS を最大限活用する。まずは建設部会本会、各地ブロック建設クラブが行う事業・定例会をSNS 発信します。そして建設部会の活動内容をより一層、今まで以上に各地青年会議所メンバーに共有することができ、ひいては会員拡大・会員拡充の一助とします。さらにサマーコンファレンス2020では、リーフレットや映像を活用し、建設部会の魅力を伝えるとともに、活動報告をしてまいります。

各地ブロック建設クラブの会員拡大及び会員拡充が成功することによって、自分たちの住み暮らす地域が抱えている諸問題に対し、今まで以上に真剣に向き合い、解決に向けてのより良い具体案が生まれます。そうした活動を部会員全員と共有することで建設部会本会の運動も活性化し、更なる発展につながると確信しております。  結びに会員拡大・会員拡充、SNS 発信を行っていくためには部会員全ての皆様の御支援・御理解・御協力を頂く必要があります。情報の不一致をなくすためや自分の所属する団体が魅力ある団体で在り続けるために、お力を貸してください。精一杯務めて参りますので一年間どうぞ宜しくお願い申し上げます。

会員支援担当 副部会長
須藤 俊基